「転職のためにファイナンシャルプランナーの資格は欲しいけど、あまりお金を掛けたくない!」そういう人にはやはり独学、という選択になってしまうでしょう。
幸いなことに、ファイナンシャルプランナーの入門編FP3級の試験は難易度が比較的低く、独学でも取りやすい、と言われています。
ちょっとしたコツが必要となってくるのがFP2級からです。勉強しなければならない範囲がグン!と広がるので、3級のときの勉強のように、ただテキストを読んで暗記すればなんとなくなる、とはいきません。
独学の2級試験勉強に向いている人の特徴は、実務経験や下地となる知識がある、といったものの他に、とにかく計画性のある人というのが挙げられます。2級の試験勉強は、段階的にこつこつとテキストを読み込み、過去問題を解き、反復することが重要です。それには、まず有効な学習計画を練る必要があります。これをきちんと立てられないと、試験合格は難しいでしょう。
この学習計画を立てる、という行為がある意味、ファイナンシャルプランナーになる人全員に必要な気質とも言えます。クライアントの将来をプランニングする人が、自分の学習計画もまともにプランニングできないというのは少々問題があります。
資質を試す、という意味では独学はこの試験勉強に向いていると言えるかもしれません。
さて、学習計画を立てたら、次は早速勉強に取り掛かりましょう。学科試験対策のためにテキストや問題集を解くだけではなく、実技問題の対策として、新聞や雑誌の記事にも小まめに目を通すことも必要です。
試験合格への近道、というものは存在しません。とにかく、計画的にコツコツ勉強し、気になったものをまめにチェックすることが、一番着実に合格へと歩みを進める道なのです。


ファイナンシャルプランナー通信講座ランキング
【No.1】フォーサイト

合格率の高さ、コストパフォーマンス、出題範囲を絞ったカリキュラム、質の高い教材、すべてが人気の理由です。
無料でテキストや講義DVDのサンプル版がもらえるので、まずは資料請求を!
⇒詳細はこちら

【No.2】四谷学院

予備校も運営しているので、充実したサポート体制を備えています。おなじみの55段階システムで、少しずつ学んでいきます。
詳しい資料ももらえます。
⇒詳細はこちら

【No.3】クレアール

教材、カリキュラムとも目立った特徴はありませんが、それだけに基本をオーソドックスに押さえた内容です。自分なりの勉強方法を持っている人向きかも。まずは資料請求して比較しましょう。
⇒詳細はこちら