クライアントの置かれた状況を的確に分析し、将来設計を考えるファイナンシャルプランナーには広く正しい知識が求められます。
金融関係だけ、保険関係だけ、税制関係だけ…などという得意分野だけに特化した勉強だけでは、実際の現場どころか、試験も合格できません。
では、どのような勉強法で様々な分野の知識を頭に入れていけば良いのでしょうか?
実務で使うことが出来る「FP2級」の試験は、簿記の2級と同じ程度の難易度と感じる人が多いそうです。
これらくらいの難易度だと、自分でテキストを選び勉強する「独学派」と予備校、専門学校や通信講座を選択する「講座学習派」に分かれるところ。
FP3級を所持しており、多少の実務経験があるのであれば低コストで済む独学、資格を確実に取りたければ講座学習というところでしょう。
どちらが自分に合うのか精査し、正しい勉強法を選ぶのが、合格への第一歩です。
どちらを選択したとしても、予習復習反復勉強は必要です。そのためには、まずテキストや問題集をよく読み、試験前にはとにかく過去問題を解くこと、大雑把ではなく綿密な学習プランを立てること、一気に頭へ詰め込もうとせず、段階的に着実に知識を飲み込んでいく、そういった地道な積み重ねがどんな勉強法を選んだとしても重要なのです。
ファイナンシャルプランナーにクライアントが求める知識、質問は多岐に亘ります。その一つ一つに誠実に答えられるように、またクライアントの将来設計を的確にアドバイス、サポートできるように、試験を受ける段階から、それを心掛けて勉強しましょう。


ファイナンシャルプランナー通信講座ランキング
【No.1】フォーサイト

合格率の高さ、コストパフォーマンス、出題範囲を絞ったカリキュラム、質の高い教材、すべてが人気の理由です。
無料でテキストや講義DVDのサンプル版がもらえるので、まずは資料請求を!
⇒詳細はこちら

【No.2】四谷学院

予備校も運営しているので、充実したサポート体制を備えています。おなじみの55段階システムで、少しずつ学んでいきます。
詳しい資料ももらえます。
⇒詳細はこちら

【No.3】クレアール

教材、カリキュラムとも目立った特徴はありませんが、それだけに基本をオーソドックスに押さえた内容です。自分なりの勉強方法を持っている人向きかも。まずは資料請求して比較しましょう。
⇒詳細はこちら