「転職のためにファイナンシャルプランナーの資格は欲しいけど、あまりお金を掛けたくない!」そういう人にはやはり独学、という選択になってしまうでしょう。
幸いなことに、ファイナンシャルプランナーの入門編FP3級の試験は難易度が比較的低く、独学でも取りやすい、と言われています。
ちょっとしたコツが必要となってくるのがFP2級からです。勉強しなければならない範囲がグン!と広がるので、3級のときの勉強のように、ただテキストを読んで暗記すればなんとなくなる、とはいきません。
独学の2級試験勉強に向いている人の特徴は、実務経験や下地となる知識がある、といったものの他に、とにかく計画性のある人というのが挙げられます。2級の試験勉強は、段階的にこつこつとテキストを読み込み、過去問題を解き、反復することが重要です。それには、まず有効な学習計画を練る必要があります。これをきちんと立てられないと、試験合格は難しいでしょう。
この学習計画を立てる、という行為がある意味、ファイナンシャルプランナーになる人全員に必要な気質とも言えます。クライアントの将来をプランニングする人が、自分の学習計画もまともにプランニングできないというのは少々問題があります。
資質を試す、という意味では独学はこの試験勉強に向いていると言えるかもしれません。
さて、学習計画を立てたら、次は早速勉強に取り掛かりましょう。学科試験対策のためにテキストや問題集を解くだけではなく、実技問題の対策として、新聞や雑誌の記事にも小まめに目を通すことも必要です。
試験合格への近道、というものは存在しません。とにかく、計画的にコツコツ勉強し、気になったものをまめにチェックすることが、一番着実に合格へと歩みを進める道なのです。


ファイナンシャルプランナー通信講座ランキング
【No.1】フォーサイト

合格率の高さ、コストパフォーマンス、出題範囲を絞ったカリキュラム、質の高い教材、すべてが人気の理由です。
無料でテキストや講義DVDのサンプル版がもらえるので、まずは資料請求を!
⇒詳細はこちら

【No.2】四谷学院

予備校も運営しているので、充実したサポート体制を備えています。おなじみの55段階システムで、少しずつ学んでいきます。
詳しい資料ももらえます。
⇒詳細はこちら

【No.3】クレアール

教材、カリキュラムとも目立った特徴はありませんが、それだけに基本をオーソドックスに押さえた内容です。自分なりの勉強方法を持っている人向きかも。まずは資料請求して比較しましょう。
⇒詳細はこちら

クライアントの置かれた状況を的確に分析し、将来設計を考えるファイナンシャルプランナーには広く正しい知識が求められます。
金融関係だけ、保険関係だけ、税制関係だけ…などという得意分野だけに特化した勉強だけでは、実際の現場どころか、試験も合格できません。
では、どのような勉強法で様々な分野の知識を頭に入れていけば良いのでしょうか?
実務で使うことが出来る「FP2級」の試験は、簿記の2級と同じ程度の難易度と感じる人が多いそうです。
これらくらいの難易度だと、自分でテキストを選び勉強する「独学派」と予備校、専門学校や通信講座を選択する「講座学習派」に分かれるところ。
FP3級を所持しており、多少の実務経験があるのであれば低コストで済む独学、資格を確実に取りたければ講座学習というところでしょう。
どちらが自分に合うのか精査し、正しい勉強法を選ぶのが、合格への第一歩です。
どちらを選択したとしても、予習復習反復勉強は必要です。そのためには、まずテキストや問題集をよく読み、試験前にはとにかく過去問題を解くこと、大雑把ではなく綿密な学習プランを立てること、一気に頭へ詰め込もうとせず、段階的に着実に知識を飲み込んでいく、そういった地道な積み重ねがどんな勉強法を選んだとしても重要なのです。
ファイナンシャルプランナーにクライアントが求める知識、質問は多岐に亘ります。その一つ一つに誠実に答えられるように、またクライアントの将来設計を的確にアドバイス、サポートできるように、試験を受ける段階から、それを心掛けて勉強しましょう。


ファイナンシャルプランナー通信講座ランキング
【No.1】フォーサイト

合格率の高さ、コストパフォーマンス、出題範囲を絞ったカリキュラム、質の高い教材、すべてが人気の理由です。
無料でテキストや講義DVDのサンプル版がもらえるので、まずは資料請求を!
⇒詳細はこちら

【No.2】四谷学院

予備校も運営しているので、充実したサポート体制を備えています。おなじみの55段階システムで、少しずつ学んでいきます。
詳しい資料ももらえます。
⇒詳細はこちら

【No.3】クレアール

教材、カリキュラムとも目立った特徴はありませんが、それだけに基本をオーソドックスに押さえた内容です。自分なりの勉強方法を持っている人向きかも。まずは資料請求して比較しましょう。
⇒詳細はこちら

国家検定の「ファイナンシャルプランニング技能検定」ですが、その難易度は他の国家資格に関する試験に比べると比較的低いと言われています。
Sクラスに難しい国家試験が、以前の国家公務員Ⅰ種、現在の国家公務員総合職や、新司法試験、学習時間が最低でも3000時間必要と言われる公認会計士だとすると、プロのファイナンシャルプランナーとして現場で役に立つ資格であるFP2級はやや易しいCクラスと言えるでしょう。入門編と位置づけられる3級は、それよりさらに容易に取れる資格です。ファイナンシャルプランナーとして独立したい、世界基準の資格であるCFPを取得したい、というさらにワンステップ高い位置を目指す人が受験する1級になると、さすがに合格率はぐっと落ち、10%前後から高くても20%に手が届きません。低いときだと5%を割ることもあります。
3級を合格したら、次はぜひ2級には挑戦しましょう。2級の試験は、実務経験がなくても3級を所持していれば受験することができ、試験内容も学科がマークシート方式、実技が○×問題・空欄補充・計算問題という回答方法で、論述するような問題がないため、「勉強して知識はあるけれど、上手く説明ができるか心配」と思っている人でも、さらさらと回答できてしまう場合があります。
試験に合格し、ファイナンシャルプランナーの仕事に就くことによって、その知識の活かし方をさらに学び、身に付けていけば、民間資格のAFPも取得することができ、ステップアップすることもできます。
試験が容易だからといって、合格後に油断して勉強を怠るようなことをしなければ、クライアントも付き、ファイナンシャル、ひいてはライフプランニングのプロとして、活躍することができるでしょう。


ファイナンシャルプランナー通信講座ランキング
【No.1】フォーサイト

合格率の高さ、コストパフォーマンス、出題範囲を絞ったカリキュラム、質の高い教材、すべてが人気の理由です。
無料でテキストや講義DVDのサンプル版がもらえるので、まずは資料請求を!
⇒詳細はこちら

【No.2】四谷学院

予備校も運営しているので、充実したサポート体制を備えています。おなじみの55段階システムで、少しずつ学んでいきます。
詳しい資料ももらえます。
⇒詳細はこちら

【No.3】クレアール

教材、カリキュラムとも目立った特徴はありませんが、それだけに基本をオーソドックスに押さえた内容です。自分なりの勉強方法を持っている人向きかも。まずは資料請求して比較しましょう。
⇒詳細はこちら

クライアントの資産やライフスタイルを知り、情報を分析することによって将来を見通すファイナンシャルプランナー。彼らに求められる知識は様々な分野に及びます。
そのため、資格試験に出題される問題も幅広いものになっています。
「一般社団法人 金融財政事情研究会」と「NPO法人日本ファイナンシャルプランナー協会」が実施する「ファイナンシャルプランニング技能検定」の学科試験の試験科目は、等級によってことなります。
一般に実践的に使えると言われる「ファイナンシャルプランナー2級」の試験科目は主に6つの分野です。
社会保険や住宅ローン、年金など長期的な支払い、将来的な収入に関する「ライフプランニングと資金計画」、民間の生命保険や損害保険など「もしかしたらあるかもしれない」というリスクマネジメントの知識を問う「リスク管理」、投資信託や債券今ある資産の運用の仕方を考える「金融資産運用」、変動する消費税、所得税、法人税などの税金にまつわる
「タックスプランニング」、不動産取引や査定について問われる「不動産」、法律に深く関わる相続や贈与についての「相続・事業承継」以上の6科目が2級の試験科目です。これらはマークシート方式で出題されます。
さらに、「資産設計相談業務」という実技試験が加わります。こちらは時事的な話題を扱うことが多く、上記の試験科目に関する知識がないと読み解けない資料などが渡されます。実技と言われると、複雑な計算をしてレポートを提出するように感じるかもしれませんが、出題の仕方は○×問題や、計算問題、空欄を埋める形式などで、マークシートとさほど違いはありません。


ファイナンシャルプランナー通信講座ランキング
【No.1】フォーサイト

合格率の高さ、コストパフォーマンス、出題範囲を絞ったカリキュラム、質の高い教材、すべてが人気の理由です。
無料でテキストや講義DVDのサンプル版がもらえるので、まずは資料請求を!
⇒詳細はこちら

【No.2】四谷学院

予備校も運営しているので、充実したサポート体制を備えています。おなじみの55段階システムで、少しずつ学んでいきます。
詳しい資料ももらえます。
⇒詳細はこちら

【No.3】クレアール

教材、カリキュラムとも目立った特徴はありませんが、それだけに基本をオーソドックスに押さえた内容です。自分なりの勉強方法を持っている人向きかも。まずは資料請求して比較しましょう。
⇒詳細はこちら