2級を受ける場合は既に3級の資格を持っている事が必須条件です。
数年の実務経験があれば3級を持っていなくても受けられる、という例外もありますが今回は3級を持っている事前提で話を進めます。
まず3級に合格している人ならそれなりに過去問を読み込んでいるはずですし、とりあえず2級を受ける基礎は出来上がっていると言っていいでしょう。

試験についてですが、人にもよりますが独学で合格出来る余地はあります。
というのも、3級から級が上がったといって問題数が莫大に増えたり難易度が急上昇する訳では無いからです。
そして3級との違いは出題範囲の広さもそうですが、特に実技試験の解答範囲が広い事が一番の変化と言えます。
例えば3級はマークシート形式で数字だけの解答で済みますが、2級はマルバツ問題が増えますし具体的に計算を行い数字を導き出して答えなければいけない場合があります。
つまり出題される問題は劇的に変わらないが、解答方法が難しくなるので結果的に正答率がどうしても下がってしまう、という事です。

3級合格の知識があれば、更に過去問や参考書を読み込んで知識を増やし広げるだけで合格の道が近づきますが、解答方法の難易度が上がるので暗記力だけではなく、問題に対して具体的な計算を行なったりする理解力が求められます。
とにかく求められている問題に対しての理解が少しでも足りていないと落ちてしまう難易度ではありますので、より問題に対する「理解度」を深められるよう努力して下さい。
理解力を深めれば深めるほど、ファイナンシャルプランナーとしての素養が高まり、結果的に合格率が跳ね上がるはずです。


ファイナンシャルプランナー通信講座ランキング
【No.1】フォーサイト

合格率の高さ、コストパフォーマンス、出題範囲を絞ったカリキュラム、質の高い教材、すべてが人気の理由です。
無料でテキストや講義DVDのサンプル版がもらえるので、まずは資料請求を!
⇒詳細はこちら

【No.2】四谷学院

予備校も運営しているので、充実したサポート体制を備えています。おなじみの55段階システムで、少しずつ学んでいきます。
詳しい資料ももらえます。
⇒詳細はこちら

【No.3】クレアール

教材、カリキュラムとも目立った特徴はありませんが、それだけに基本をオーソドックスに押さえた内容です。自分なりの勉強方法を持っている人向きかも。まずは資料請求して比較しましょう。
⇒詳細はこちら

単刀直入に言えば、3級の資格は時間をかけて正しい勉強をすれば難しい資格ではありません。
合格率は50%を超えていますし、独学で合格した人も沢山います。
だからと言って舐めてかかると落ちてしまうのは言うまでもない事ですが、過去問を徹底的に繰り返し勉強するだけでも試験でそれなりの点数は狙えます。
と言っても、ざっと過去問を見てみるとキャッシュフロー表から問題を読み解いたり、法定相続分、建築基準法、定期建物賃貸借契約など素人が聞いたらちんぷんかんぷんになる用語が大量に出てきます。
従って、漢字検定や英語検定などとは違い専門用語から理解しなくてはいけないので、いかに難易度が高くないとはいえ、まずはファイナンシャルプランナーとして常識的な用語から詰め込まないといけません。

しつこいようですが、確かに難易度は特別高い訳ではありません。
しかしそれは必要とされる専門用語を理解している事が前提での話です。
もしも完全な素人状態から勉強を始めるなら過去問を勉強する前に、ファイナンシャルプランナーとしての常識を理解する事から始めなくてはいけません。
そして専門用語をマスターしてからやっと過去問に挑み、問題に対して得た知識をぶつけるという段階へ進めるんだ、という事を忘れずに。

もしもファイナンシャルプランナーとしての知識をある程度お持ちなら、過去問を何度も攻略していくうちに合格出来る確率はどんどん上がるでしょう。
特に3級は出題される問題の形式が似ているので、少なくとも過去に出された問題を他人に説明出来るくらいに理解していれば、十分に3級の試験で戦えます。


ファイナンシャルプランナー通信講座ランキング
【No.1】フォーサイト

合格率の高さ、コストパフォーマンス、出題範囲を絞ったカリキュラム、質の高い教材、すべてが人気の理由です。
無料でテキストや講義DVDのサンプル版がもらえるので、まずは資料請求を!
⇒詳細はこちら

【No.2】四谷学院

予備校も運営しているので、充実したサポート体制を備えています。おなじみの55段階システムで、少しずつ学んでいきます。
詳しい資料ももらえます。
⇒詳細はこちら

【No.3】クレアール

教材、カリキュラムとも目立った特徴はありませんが、それだけに基本をオーソドックスに押さえた内容です。自分なりの勉強方法を持っている人向きかも。まずは資料請求して比較しましょう。
⇒詳細はこちら

ファイナンシャルプランナーの資格の勉強で役に立つのは参考書もそうですが、やはり過去問でしょう。
過去に出題された問題と模範解答はFP協会の公式サイトで見られますので、過去の問題と解答を集める事に関しては特に苦労しないと思います。

また、2級と3級なら過去の問題を勉強するだけでもそれなりの効果が期待出来ますが、1級ではそういう訳にはいきません。
というのも、1級は2級、3級と比べて過去に出てこなかった問題が多々出てくるためです。
低い級では過去の問題が出てくる傾向が高いが、1級ではそうはいかない。これはどの資格にも言える事です。
つまり最大目標の1級を目指す場合、過去に出題された問題を暗記するだけで合格出来るとは言えず、新しく出題されそうな問題も予想して自力で勉強に励む事が重要になります。

とはいえ、FP協会の公式サイトで過去の問題と解答が掲載されているのは大きな魅力です。
問題の内容と傾向もそうですが、出題形式も知る事が出来るので問題を読み解く作業に慣れる事が出来ます。
試験の時間は限られている訳ですが、問題を読んでから解答するまでの作業に慣れておけば本番で変に焦ったりする事が少なくなる事でしょう。せっかく公開されている過去問。ただ問題を暗記するだけではなく、試験に慣れるためのテキストとしても利用してみて下さい。

やはり試験では慣れが重要になります。
何度も過去のテキストを繰り返し解くだけで試験当日の効率が上がる事でしょう。
もちろん過去にとらわれ過ぎず、新しく出題されそうな問題を予想して勉強するのも大切ですよ。


ファイナンシャルプランナー通信講座ランキング
【No.1】フォーサイト

合格率の高さ、コストパフォーマンス、出題範囲を絞ったカリキュラム、質の高い教材、すべてが人気の理由です。
無料でテキストや講義DVDのサンプル版がもらえるので、まずは資料請求を!
⇒詳細はこちら

【No.2】四谷学院

予備校も運営しているので、充実したサポート体制を備えています。おなじみの55段階システムで、少しずつ学んでいきます。
詳しい資料ももらえます。
⇒詳細はこちら

【No.3】クレアール

教材、カリキュラムとも目立った特徴はありませんが、それだけに基本をオーソドックスに押さえた内容です。自分なりの勉強方法を持っている人向きかも。まずは資料請求して比較しましょう。
⇒詳細はこちら

資格を受ける上で非常に気になる難易度ですが、3級の合格率は50%を超えているのでまだ優しい方と言えるかもしれません。
しかし、当然の話ですが2級になると合格率は落ちてしまいますし、1級にもなると更に狭き門となります。
他の資格にも言える事ですが、国家資格の1級に合格するためには並大抵の努力では足りません。
ファイナンシャルプランナーの資格を得るには1級は必ず合格しておきたい所ですが、
いきなり1級を受けるのは無謀と言ってもいいです。
まずは比較的優しい3級の合格から目指してみるといいでしょう。

ファイナンシャル・プランニング技能士はどの級でも筆記試験を採用しており、合格するには学科、実技ともに60%以上の正当が必要になります。
これを優しい、厳しいと捉えるかは人によると思いますが、4割近く落としても受かる可能性があるので、少なくとも3級と2級に関して言えばトップクラスに難しい試験ではないでしょう。

とは言え1級の合格率は10%程度。
その年によっては10%を下回っている事もあります。
極端に言えば10人受けて1人受かるかどうかという話なので、これだけでも1級の難易度がとても高い、という事が分かって頂けると思います。
この実態を考えると、3級と2級は大変難しい資格ではないが、1級は本当に努力した人だけが勝ち取れる大変難しい資格、と言えるでしょう。

また、国家資格のファイナンシャル・プランニング技能士だけではなく、AFPやCFPなどの民間資格もあるのですが、この二つは更に難易度が高くなりますし独学で合格するのは至難の業です。
もし将来的にAFPやCFPの取得も考えているなら、独学ではなく基礎から徹底的に講座を受けた方が良いでしょう。


ファイナンシャルプランナー通信講座ランキング
【No.1】フォーサイト

合格率の高さ、コストパフォーマンス、出題範囲を絞ったカリキュラム、質の高い教材、すべてが人気の理由です。
無料でテキストや講義DVDのサンプル版がもらえるので、まずは資料請求を!
⇒詳細はこちら

【No.2】四谷学院

予備校も運営しているので、充実したサポート体制を備えています。おなじみの55段階システムで、少しずつ学んでいきます。
詳しい資料ももらえます。
⇒詳細はこちら

【No.3】クレアール

教材、カリキュラムとも目立った特徴はありませんが、それだけに基本をオーソドックスに押さえた内容です。自分なりの勉強方法を持っている人向きかも。まずは資料請求して比較しましょう。
⇒詳細はこちら

ファイナンシャル・プランニング技能士の資格を取得すれば、晴れてファイナンシャルプランナーへの道がグッと近づきます。

ではファイナンシャル・プランニング技能士の試験とはどんなものなのか、初歩的な事をご説明します。
資格は1級、2級、3級に分かれています。
級ごとに概要は異なりますが、どれも学科と実技の二種類があります。
ただし1級のみ、学科が終わってから六ヶ月以内に実技が行われます。
出題形式も級ごとに異なりますが、マークシート式と記述式が採用されています。

また、インターネットから受検申請出来る事も触れておきたいポイントです。
何らかの理由(怪我をしたなど)で申請が難しくなっても、インターネットから申請出来るのでとても便利です。
もちろん申請期間は決まっていますので、あらかじめチェックしておく事を忘れずに。

もう一つ、試験を受ける上で説明したいのは「一部免除」の制度がある、という事です。
当然の話ですが、資格は学科と実技の両方に合格して始めて得られます。
しかし例外的に、どちらか片方だけ合格しただけで資格を取得出来る場合があります。
例えば学科だけ合格して実技に落ちた場合、次の機会に学科を免除して実技だけ受けるという事が可能になります。
しかし免除期間は決められていますし、自分から申請しないといけないので注意が必要です。

とりあえず簡単に出題形式、インターネット受検がある事、一部免除についてご説明しました。
特に一部免除制度は本当に便利な制度です。
資格取得の近道になりますし、どちらか片方だけでも取れれば次に繋がるので、
是非希望を持って勉強に励んでみてください。


ファイナンシャルプランナー通信講座ランキング
【No.1】フォーサイト

合格率の高さ、コストパフォーマンス、出題範囲を絞ったカリキュラム、質の高い教材、すべてが人気の理由です。
無料でテキストや講義DVDのサンプル版がもらえるので、まずは資料請求を!
⇒詳細はこちら

【No.2】四谷学院

予備校も運営しているので、充実したサポート体制を備えています。おなじみの55段階システムで、少しずつ学んでいきます。
詳しい資料ももらえます。
⇒詳細はこちら

【No.3】クレアール

教材、カリキュラムとも目立った特徴はありませんが、それだけに基本をオーソドックスに押さえた内容です。自分なりの勉強方法を持っている人向きかも。まずは資料請求して比較しましょう。
⇒詳細はこちら

ファイナンシャルプランナーを目指すにあたって、必要になるのはファイナンシャル・プランニング技能士という資格です。

この資格は1級から3級まであります。
そしてファイナンシャル・プランニング技能士の試験を受けるにあたって、まず気になるのは他の資格と同じく試験日ですが、これについては日本FP教会の公式サイトを見ると良いでしょう。
直近の試験日、受検申請期間、合格発表が掲載されています。
なお、級によって日程に違いがありますが、せっかく勉強しても日時を間違えたら元も子もありませんし、間違わないよう十分気をつけてください。

また、試験会場は地方によって幾つか用意されていますので、事前にしっかりと自分が受ける試験会場を把握しておく事も大切です。
試験会場は北海道から沖縄まで用意されていますが、もし会場が遠方になりそうなら必ず当日のスケジュールまで念入りに決めておきましょう。

ファイナンシャル・プランニング技能士の試験は頻繁に行われている訳ではありません。
試験回数が多い資格に比べると失敗が許されない部類の資格になりますので、受検する日程を決めるのが大変重要になります。
もちろん勉強する時間が長ければ長いほど良いかもしれませんが、かと言って引き伸ばしすぎるとモチベーションを保ちにくくなります。
自分のスケジュールと話し合い、ベストな日程を決めましょう。
合格発表もすぐ行われる訳ではありませんので、今すぐ取得したい! と考えている方などは合格発表の日程も頭に入れておく必要があるかもしれません。


ファイナンシャルプランナー通信講座ランキング
【No.1】フォーサイト

合格率の高さ、コストパフォーマンス、出題範囲を絞ったカリキュラム、質の高い教材、すべてが人気の理由です。
無料でテキストや講義DVDのサンプル版がもらえるので、まずは資料請求を!
⇒詳細はこちら

【No.2】四谷学院

予備校も運営しているので、充実したサポート体制を備えています。おなじみの55段階システムで、少しずつ学んでいきます。
詳しい資料ももらえます。
⇒詳細はこちら

【No.3】クレアール

教材、カリキュラムとも目立った特徴はありませんが、それだけに基本をオーソドックスに押さえた内容です。自分なりの勉強方法を持っている人向きかも。まずは資料請求して比較しましょう。
⇒詳細はこちら